自動販売機業界の成り立ちについて

自動販売機業界には、自動販売機を製造するメーカー、自動販売機の中に商品を入れる例えば飲料メーカー、飲料メーカーから委託を受けるボトラー会社、商社、問屋、販売店、自販機ベンダーから成り立って、消費者の元に届くことになります。

製造するメーカーは、大手の機械電気機器メーカーが受注を受けて生産することになります。

商品を供給する飲料メーカーは、濃縮された原液を作り、ボトラー会社は、飲料メーカーの濃縮原液を仕入れて、水で薄め容器に詰め最終製品として出荷します。

最終製品は、商社・問屋・販売店の元に行き、機械の中に入れられて販売されるわけですが、そこで、自販機ベンダーが重要な役割を占めるわけです。

ベンダーは、自販機の設置場所を見つけて、地権者の方と交渉をして設置契約を結びます。

自販機を購入して設置します。

随時、商品を補充します。

自販機から代金を回収します。

自販機の障害が発生すれば、修理対応します。

商品の売り上げに応じて、地権者の方に設置使用料を支払います。

このように、最終的にベンダーが運用していくことで、成り立っています。