自動販売機で販売される食品の種類について

自動販売機で販売される食品の種類については、飲料用自動販売機と食品用自動販売機の2種類に分けられます。

飲料用では、コーヒーや紅茶やジュースやお茶などのアルミ缶やスティール缶やペットボトルに入った清涼飲料、牛乳やコーヒーなど紙容器に入った飲料、コーヒーやジュースやスープなどのカップに入った飲料、ビール・日本酒・焼酎などが入ったアルコール系の飲料、などがあります。

食品用としては、ピーナッツやガムやキャンディなどの袋やパッケージに入った食品、おつまみやパンやスナック類などの袋詰めされた食品、インスタントの麺やハンバーガーやおにぎりなどが入った食品、その他として、アイスクリームやアイスキャンディなどが入った食品、があります。

中には、ユニークなものとしては、おでんが缶に入ったもの、バナナが1本から1房のものまで、納豆、プラスチックの容器に入ったあたたかいうどんやそば、ハンバーガー、ちゃんと焼いて出てくるトーストなどの自動販売機もあります。